かつらぎ歯科

TOP > 最先端インプラント治療 ノーベルガイド

最先端インプラント治療 ノーベルガイド

ノーベルガイドはコンピュータガイドシステムによるインプラント治療です。 手術の時に殆ど歯ぐきを切らずに、インプラント治療ができるため、より安全で低侵襲なインプラント治療方法と言えます。
(この治療法は高度な技術を必要とし、ノーベルバイオケア社のノーベルガイドシステムを導入している医院でしか受けることができません。)
ノーベルガイドシステムとは

当院ではインプラント手術の際、患者さんへの負担を限りなく軽減できる、世界で最も信頼と実績のある、ノーベルガイドシステムを導入しております。
通常、インプラントを埋め込むには、歯茎を切って、骨を露出させてから、埋め込む位置を決めますが、ノーベルガイドは、コンピュータ上で CTデータを基に正確なインプラント治療計画を立て、できあがった治療計画からCAD/CAM(キャドキャム)の技術でサージカル・テンプレートを作り、このサージカル・テンプレートを使用して殆ど歯茎を切開せずに、小さな孔を開けてインプラントを正確に埋入できるのです。サージカルテンプレートを使うことにより、従来のインプラント手術のように、歯肉を切開したり、粘膜を剥離(はくり)したりする必要が無く、それに伴う合併症が最小限となり、出血、ハレなどもほとんどみられません。1時間程度の手術の後、すぐに咬めるインプラントの上部構造を装着できるので、手術後すぐに通常の生活を送ることが出来ます。手術時間が飛躍的に短縮するので、高齢者、有病者の方にも優しい治療法です。
また、無歯顎や、部分的に歯が無い方など、いずれの症例にも対応できる画期的な治療法です。

診断からコンピュータによるサージカルテンプレート作製まで

1 CT撮影データをコンピュータに取り込み精密な診断を行います。

1

2 コンピュータソフトでシュミレーションを繰り返しながら,最適なインプラント埋入位置を決定します。

2

3 症例に応じた、サージカルテンプレートをCAD/CAMにより作製します。

3

ノーベルガイドによるインプラント治療の流れ
歯が1本無い症例  詳細はこちら

歯が1本無い症例

複数の歯が無い症例 詳細はこちら

複数の歯が無い症例

全ての歯が無い症例 詳細はこちら

全ての歯が無い症例

箕面市・かつらぎ歯科 ■サイトポリシー ■サイトマップ ■リンク
Copyright © Katuragi Dental Clinic. All Rights Reserved.