かつらぎ歯科

TOP > 無切開・無痛インプラントとは

無切開・無痛インプラントとは

まず、インプラントの構造と名称についてご説明します。

インプラントの仕組み インプラントは3つの部分から成り立っています。

インプラントの仕組み

人工歯(クラウンといいます)
文字通り人工の歯で、治療の最終段階で支台に被せます。 白く輝きがあり、透明感豊かで審美性の高いセラミック製やアルミナ製、ポピュラーなプラスチック製など様々な材質があります。ご希望に合わせてお選びいただけます。
人工歯を支える台(アパットメントといいます)
人工歯根に達結し、人口歯を被せる台となります。 また、かみしめるときに人工歯にかかる力を吸収する役割があります。 本来は建築用語で大きな橋を造る際に像の上部を支える仕組みのことを言います。まさにインプラントと同じ意味合いです。
人工歯根(フィクスチャーといいます)
この部分を歯肉の中に埋め込み顎の骨と結合させます。人工歯根は金属のチタンでできています。チタンは生体に害を与えることはなく、アレルギーもほとんどありません。さらにチタンは顎の骨と結合し、強固な土台となります。自分の歯と同じように咬めるのはこのためで、まさに第二の 永久歯といえるでしょう。

インプラントを埋め込んだ状態

右の図はインプラントを歯肉の中に埋め込み、治療が完了したときの イメージ図です。(右下:電子顕微鏡写真)

人工歯根に歯槽骨が強固にからみつき、骨の一部となっていることがわかります。自分の歯と同じようにお肉でも、お刺身でも、おせんべいでも何でも食べることができるようになります。

インプラントを埋め込んだ状態

インプラント施術の流れ

4

ソフトウェアメーカーは、個々の症例に応じたサージカルプランとサージカルガイドを提供します。

無料カウンセリング受付中
箕面市・かつらぎ歯科 ■サイトポリシー ■サイトマップ ■リンク
Copyright © Katuragi Dental Clinic. All Rights Reserved.