かつらぎ歯科

TOP > 入れ歯の種類と材質

これが本当に入れ歯?!
あなたの生活の質を劇的に変える驚きの機能性!フィット感!そして審美性!
かつらぎ歯科では、ご希望されるあらゆる種類の入れ歯を、お作りします。

入れ歯の種類と材質

保険治療の総入れ歯(総義歯)レジン床
入れ歯治療には大きく分けて次の2つの方法があります。
歯をすべて失ってしまった場合は総入れ歯(総義歯)治療が必要となり、歯が何本か残っている場合は失った歯の本数によって部分入れ歯(部分床義歯)治療となります。
(インプラント治療は失った歯を補填するという点ではおなじですが、治療技術はまったく異なります。)
どちらの入れ歯治療も、保険を使うか、保険外の自費治療を望むか、また、材質や制作方法によってもいくつもの種類があります。
かつらぎ歯科は、お口の状態を踏まえ、患者さんのご希望をかなえれるあらゆる種類の入れ歯製作が可能です。
レジン床義歯 特 徴
レジン床義歯

【長所】
・プラスティック素材なので、金属床に比べて軽量。(但し、一部の金属床を除く)
・加工や調整が容易。
・比較的安価。

【短所】
・プラスチック素材は変形しやすく、金属床に比べると壊れやすい。(破折しやすい)
・熱の伝導性が悪い。強度を増すためにレジンに厚みが必要。そのためより熱を伝えにくくなります。

自費治療の総入れ歯(総義歯)金属床
【長所】
・金属は耐久性が高く薄く加工することができる。そのため口の中が狭くならない。
・変形しにくい。
・食べ物の温度(温かさや冷たさ)を感じやすく、おいしさを味わう事ができる。
【短所】
・プラスチック素材のレジン床より加工や調整が難しい。
・金属味を感じる事がある。
・高価
コバルトクローム義歯 特 徴
コバルトクローム義歯 永年金属床の材料として使用され、信頼性の高い材料です。
薄さを限りなく追求し、違和感がなく、自然に近い装着感や快適感が得られます。
上下使用可能
チタン床義歯 特 徴
チタン床義歯 チタンは体内に埋め込むことができるほど、安全性、生体親和性の高い金属です。口の中では
金属味がほとんどありません。非常に軽く丈夫で温かみのある金属です。
上顎のみ可能。

金(白金加金)床義歯 特 徴
金(白金加金)床義歯 体に安全とされる金やプラチナを主材料とした合金です。仕上がりの美しさはもとより、加工性
がよく、口にピッタリとフィットします。お口の中では心地よい接触感です。
食べ物の味も感じることができ、美味しくいただけます。
上下使用可能。
箕面市・かつらぎ歯科 ■サイトポリシー ■サイトマップ ■リンク
Copyright © Katuragi Dental Clinic. All Rights Reserved.