かつらぎ歯科で理想の歯並びへ!
相談会無料・検査費用無料
歯並びでお悩みのあなたはこんなお悩み抱えていませんか?
今まであった矯正のお悩み、マウスピース矯正が解決します

マウスピース矯正って何?

マウスピース矯正とは、「アライナー」という透明のマウスピースを使用する方法です。

一日約20時間以上装着することにより歯を徐々に移動させながら、約2週間毎に新しいアライナーに交換します。(アライナー交換の期間や装着時間等は症例によって多少異なります)

他の矯正法とは違い装置が取り外し式で、ブラケットやワイヤーも装着しないので最も目立ちませんが、この方法は多くの場合、歯を抜かなくても済むような比較的簡単な矯正治療にしか適用できません。(通常のワイヤーを使った矯正と併用する場合もあります)

アライン・テクノロジー社のマウスピース矯正inbisalign(インビザライン)とは?

全世界で210万人以上の患者さんの治療に使用されている透明に限りなく近い”マウスピース”のような矯正装置です。目立つことなく、ひと目を気にすることがなく、ワイヤーを使用しないためご自身での取り外しも可能な治療で付けているのがほとんどわかりません。

普通に食事や会話ができ、喋りやすく、痛みがほとんどありません。通院回数も少なくて済みます。 世界45カ国以上の国々に広がっており「インビザライン・システム」での矯正治療が広く世界で行われております。

独自の技術

Invisalign G3

よりよい臨床結果を追求したデザイン

特徴

プレシジョンカット機能
インビザライン・アライナーに新たに「プレシジョンカット」機能を採用。
クラスⅡ/クラスⅢ症例の治療において、アライナーに予めカット加工を施すことで、手作業によるアライナー加工の時間を省くことができるようデザインされています。

プレシジョンカット機能

スマートフォース機能
新しいスマートフォース機能は、歯牙移動の予測実現性を高めるためのフォース・システムを実現すべく設計されました。

スマートフォース機能

Invisalign G4

インビザライン・システムの継続的な技術革新によって
Invisalign G4のスマートフォース機能がさらに進化し、
Invisalign G4 plusが導入されました。

特徴

予測実現性の向上
「マルチプレーン最適機能」は、上顎側切歯のコントロールを高めることを目的としてデザインされました。

予測実現性の向上

歯根移動のコントロールがさらに向上
「ルートコントロール用最適アタッチメント」の導入により、歯根移動の近遠心的コントロールが向上されました。

歯根移動のコントロールがさらに向上

ルートコントロール用最適アタッチメントの適用範囲がさらに拡大
新しく「ルートコントロール用最適アタッチメント」の適用範囲が拡大され、上顎側切歯および上下顎の小臼歯に適用されます。

ルートコントロール用最適アタッチメントの適用範囲がさらに拡大

臨床結果の向上を追求
前歯部のマルチトゥース挺出方式は、前歯部オープンバイト治療の臨床結果を向上するためにデザインされました。

臨床結果の向上を追求

Invisalign G5

スマートフォースのアタッチメントおよびアライナー機能は、
予測実現性の高い歯牙移動の達成に必要なフォースシステムを
実現するためにデザインされました。

特徴

より予測実現性の高い過蓋咬合治療
スマートフォース機能は、前歯の圧下および小臼歯挺出のコントロール向上により、スピーの湾曲のレベリングが達成されるようデザインされたことで、より予測実現の高い過蓋咬合治療が可能となりました。

より予測実現性の高い過蓋咬合治療

治療効率の向上
プレシジョン・バイトランプは過蓋咬合治療の効率化を目的として、臼歯部を離開するようデザインされました。

治療効率の向上

INVISALIGN SMARTTRACK

8年以上の研究期間を経て開発された、
アライナー新素材「SmartTrack」

特徴

より持続的なフォース
SmartTrackは、より持続的なフォースを2週間のアライナー装着期間を通じて発揮し、トラッキングを向上します。患者1015名に対してパイロット調査を実施した結果、歯牙移動のコントロールが著しく向上された他、99.9%の満足度を得ました。

より持続的なフォース

高い弾性
プレシジョン・バイトランプは過蓋咬合治療の効率化を目的として、臼歯部を離開するようデザインされました。

高い弾性

より正確にフィット
SmartTrackの柔軟な素材は、より正確に歯牙の形態、アタッチメントおよび歯間空隙に密着するため、歯牙移動およびフィニッシングが向上します。

より正確にフィット

患者様にとってのメリット
SmartTrackの柔軟な素材がより快適な装着感を実現し、アライナーの着脱がより容易になります。
さらに患者様より、SmartTrackは目立たず、審美性にも優れていると報告されています。SmartTrackはより高い予測実現性、快適な装着感、そして目立たない治療を提供します。

患者様にとってのメリット

マウスピース矯正の一番のメリット

目立たない!

もちろん装置が目立たないことです。 薄く透明に近い、医療用プラスチック製の装置は、装着していても着けていることがほとんど他人に分かりません。マウスピース矯正は、治療中の見た目が気になる方や人と接する機会の多い方などにおすすめの矯正治療法です。

痛みがほとんど無い
インビザラインは従来型の矯正装置に比べ、比較的痛みが少ないと言われています。その理由の一つとして、インビザラインでは一つのマウスピースで動く歯の移動量が0.25mmと決められており、過度な力がかかりにくいことが挙げられます。またワイヤーやブラケットを使用していない為、粘膜に当たる痛みや刺さる痛みは無く、口内炎ができることはほとんどありません。
取り外しができて衛生的
インビザラインは取り外し可能な為、従来型の矯正装置のように装置にプラークが沈着することがなく、歯や歯周組織を健康に保つことができます。またインビザラインは歯ブラシで簡単に洗浄することができ、とても衛生的です。
食べたい物がたべられる
従来型の矯正装置ですと、ほうれん草のような葉物は絡みやすく、また餅のような粘着性のあるものはくっつきやすい為、少なからずわずらわしさがあるかと思います。インビザラインの場合は取り外しが可能ですので、普段と変わらず食事を楽しむことができ、快適です。
金属による悩みも解消
インビザラインはプラスチック製の為、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。金属アレルギーで矯正治療を断念した方も、安心して治療を受けて頂くことができます。

インビザラインの特徴

マウスピース矯正の期間は?

歯を移動させる量が少ないケースであれば、数ヵ月で終わることもありますが、時間がかかる複雑なケースでは、2年以上かかることも。平均的な治療期間は、1年~2年といわれています。 治療期間は先生の治療方針や治療計画等によって異なりますが、従来の矯正治療とほとんど変わりがないと、矯正医より報告されています。

治療の流れはどんな感じですか?

料金表

invisalign i7

invisalign lite

invisalign full

アライナーの数

7ステージ以内(片顎につき)

14ステージ以内(片顎につき)

無制限

適応範囲

軽度もMTM治療

軽度の不正咬合

広範な不正咬合の治療に適応

後戻り症例

MTM治療

片顎または両顎の治療用

審美的な改善

審美的な治療

 

パーシャル症例

パーシャルまたはコンビネーション症例

 

 

補綴前処置

 

ご料金

324,000円(税込み)

540,000円(税込み)

756,000円(税込み)

医院のご案内

大阪府箕面市西小路2丁目8−20

医院名

かつらぎ歯科

電話番号

ハロー歯医者さん

0120-86-8143

住所

大阪府箕面市西小路2丁目8−20

電車でお越しの方へ

阪急箕面線「箕面」駅(阪急宝塚線石橋駅接続)より南へ徒歩5分

お車でお越しの方へ

・国道171号線「牧落」交差点を北へ約500M
・新御堂筋、萱野交差点から国道171号線を西へ進み、「牧落」交差点を北へ約500M

休診日

木曜・日曜・祝日

院長経歴院長経歴

1998年

大阪歯科大学卒業
大阪歯科大学附属病院総合診療部入局
アメリカワシントンD,Cインプラント研修

1999年

豊中市にて『かつらぎ歯科』開業
顎関節を考慮した咬合平面の再構築理論を修得

2000年

GOREメンブレンによる歯周組織再生誘導法認定
エムドゲインによる歯周組織再生療法認定
歯周外科手術の基本術式であるModified Widman Flap及びApically Positioned Flap修得
JIADSぺリオコース受講

2001年

JIADS再生療法コース受講
歯周外科手術の応用術式であるFree Gingival Graft及びConnective Tissue Graft修得
東京SJCD審美補綴、審美矯正、審美インプラントコース修得
3iインプラント認定医取得
SJCDマスターコース修得

2002年

スタディグループを結成

2003年

箕面市にて『かつらぎ歯科』開業
ブローネマルクシステムインプラント認定医取得

2004年

AIDIインプラントセミナー受講

2005年

世界の技を学ぶグローバルインプラントセミナー受講
オッセオインテグレーション スタディクラブ オブ ジャパン 究極のインプラント治療への挑戦

2006年

インプラント治療における骨造成のEvidenceと臨床 受講

2007年

ボーンオーギュメンテーションテクニック受講
OAM IMPLANT TECHNICAL COURSE受講
AEDを使用した救急蘇生法の実技研修

2008年

カールツァイス マイクロスコープ テクニック受講
無色透明の矯正装置 インビザライン認定医取得 ストローマン インプラントコース受講

PAGE TOP