かつらぎ歯科

TOP > 部分入れ歯について

部分入れ歯について

かつらぎ歯科の部分入れ歯は、
残っている歯と違和感なくなじみ、大切に長持ちさせ、顎の骨や関節をバランスのとれた良好な状態に保ちます。

総入れ歯部分入れ歯治療の場合は、お口の中には天然歯が残っています。(残っている歯の位置にもよりますが)この場合顎の骨や関節機能があまりダメージを受けていない可能性もあります。部分入れ歯のせいで大切な天然歯が抜けてしまったり、顎の骨や関節の機能が悪くなったりしては意味がありません。
精密な検査と的確な診断、高い技術で作るかつらぎ歯科の部分入れ歯は、バランスのとれた良好なお口の状態を長く維持することができます。

現在の部分入れ歯についてのお悩みや、部分入れ歯治療をお考えになっている方は
かつらぎ歯科に是非ご相談ください。

ご予約はこちらから

部分入れ歯の治療期間と費用について
○ 治療期間について
部分入れ歯の治療期間は患者さんの状態によって大きく異なります。残っている歯の本数や顎の骨・関節の状態、また
部分入れ歯の種類などが、お1人お1人違うためです。検査結果を踏まえカウンセリングの際に詳しくお話しいたします。
疑問点やご希望などをなんでもお気軽にご相談ください。
○ 治療費について
部分入れ歯の費用についても、治療期間の違いと同じ理由で大きく変わってきます。
こちらについても、お気軽にご相談ください。
入れ歯の種類と材質についてはこちらから 治療費についてはこちらから
部分入れ歯の種類について

部分入れ歯の種類には、バネ式のものやアタッチメント式のものなど様々なタイプのものがあります。
かつらぎ歯科ではあらゆる種類の部分入れ歯を取り扱っており、患者さんにとって最良のタイプのものを製作いたします。
ここでは代表的な方式のものをご紹介いたします。

ばね式部分入れ歯 ばねなし部分入れ歯 アタッチメント部分入れ歯 コーヌス式部分入れ歯
クラスプ
残っていいる歯に金属の鉤(クラスプ)やバーを引っ掛けて固定するタイプの入れ歯です。鉤やバーの材質には様々なものがあります。
ノンクラスプ
金属のバネが無い審美性に優れた部分入れ歯です。素材は、プラスチック系の半透明素材で歯ぐきの色と違和感が無く、軽くて弾力性があり、折れにくいものです。
アタッチメント
二重のクラウンを使ったバネのない入れ歯で、機能性と審美性を兼ね備えています。見た目が良く。しっかりと噛めて装着感も抜群です。
コーヌス
おもに部分入れ歯の仕組みの一つです。茶筒のふたを想像してみてください。内側の筒に蓋をかぶせるように外側の歯冠(クラウン)をぴったりとかぶせます。バネやバーが無く装着感・強度とも抜群です。(自費治療のみ)
部分入れ歯の修理・調整について  部分入れ歯の詳しい作り方は、こちらをご覧ください

かつらぎ歯科では、今お使いの部分入れ歯入れ歯の修理・調整も行っております。是非ご相談ください。

かつらぎ歯科では、患者さんが今お使いの部分入れ歯の修理や調整もおこなっております。
ただ、部分入れ歯の製作には様々な方式があり、歯科医院によって様々な考え方があります。
お口の状況は必ず変化しており、場合によっては修理や調整をおこなうことでかえって、咬み合わせが崩れたして調子が悪くなってしまう可能性があります。
そのためにかつらぎ歯科では、事前に十分に検査を行ったうえで、どうすれば良好な状態に戻すことができ、長持ちさせることが
できるのかを慎重に検討し修理・調整に取り掛かるようにいたしております。

ご来院時のカウンセリングの際に詳しくお伝えいたしますので、その際にご希望や疑問点などをお話し下さい。

箕面市・かつらぎ歯科 ■サイトポリシー ■サイトマップ ■リンク
Copyright © Katuragi Dental Clinic. All Rights Reserved.